お祝いに胡蝶蘭は最適の贈り物

胡蝶蘭は洋蘭の種類ですがホントに最近は品種改良がいろいろされて

たくさんの色の種類があります。

 

お祝いや今の時期だとお正月のおめでたい席なんかにも設けられるみたいです。

私も今回田舎に帰った際に胡蝶蘭をお祝いで飾られてる家がたくさんありました。

友達の誕生日なんかも迷った場合は胡蝶蘭を贈るようにしています。

最近は胡蝶蘭も安いものもよく販売されており、手ごろな価格ですと数千円程度で購入できるので

プレゼントなんかにはピッタリだと思います。

 

もし、お祝いごとやプレゼントなどに困った場合には胡蝶蘭は贈り物として一番ベターでいいですね。

でももらう方も幸せになる花なんだと思います、

今回田舎に帰った際に知り合いのおじいちゃんが米寿のお祝いに胡蝶蘭を贈ってもらってました。

よほどうれしかったのか部屋にずっと飾っていましたね。

私もいつかそういうお祝いしてもらいたいなと思いました。

お祝いには胡蝶蘭を贈るとほんとにいいですよ。

 

 

胡蝶蘭が一番美しい季節は?

 

胡蝶蘭は今では栽培技術の進歩で一年中その美しい花を見ることができますが、本来野外で自然に育てた場合は
2月~3月に花が咲くようです。

もともとはインドネシアやマレーシア周辺にある花で、私もマレーシアに行った際にいろんなホテルで胡蝶蘭を見ることができました。

胡蝶蘭は実生苗とメリクロン苗と呼ばれるものがあり今では後者であるメリクロン苗が増えています。

乾燥には適度に強く、水の上げすぎで根腐れを起こす場合があります。
直射日光にも弱いのですが、寒さにも弱いという花です。

でも咲いたときの感動はなにものにも得難いものです。
祖母の知り合いは温室で胡蝶蘭を大量に育ててるみたいで、一度見せてもらったのですが、ホントにいろんな色があり、美しく咲き乱れる胡蝶蘭は
花の女王と呼ばれるにふさわしいと言えます。

でも胡蝶蘭って贈り物でもらった人の大半がほとんど花が枯れると捨ててしまうようです。
わたしの知り合いのお店の人も開店祝いでもらった胡蝶蘭を育て方がわからないからと結局捨てようとしたので
わたしがもらってきて今では我が家の玄関をきれいに彩ってくれています。

生き物ですのでむやみに捨てないでほしいなって思うんですがやはり育てるのが難しい花のようですね。

ですので最近はそういう胡蝶蘭を回収してくれる業者さんもいるみたいです。

使い捨てではないのでできれば捨てないでほしいですね。

胡蝶蘭を育てるには?

胡蝶蘭はホントにデリケートな花です、とはいえしっかり愛情をもって育ていればきれいな花で人の心を癒してくれます。
また胡蝶蘭をもらった際にはラッピングは最初の水やりの際にはずしてしまいましょう。

大抵贈り物の胡蝶蘭はきれいなラッピングをされていると思うんですが、花をなるべく長く咲かせたいと思うんであれば、
早めにラッピングを外した方がいいかと思います。

また水のやりすぎも胡蝶蘭の根が腐ってしまうので、いけません。
適度に水やりをやるようにしましょう。
とはいえ乾燥には非常に弱い花です。

胡蝶蘭を育てる場合にこの根腐れや乾燥が難しいという声をよく聞きますがそれもわかります。
やはりデリケートなんですよね。

また野外で育てる場合には霜に注意しましょう。
胡蝶蘭は暖かい地域の植物なので霜などには弱いのです。
できるだけ室内で育ててあげましょう。

私も知り合いも外で育てていたのですが、霜が降りた際に枯れてしまったようです。

またちゃんと育てていれば最大で60日以上も花が咲く場合もあります。
温度変化にも弱いのでもし花を長期間咲かせたいというのであれば、あまり温度変化の少ない場所で育てるといいでしょう。

胡蝶蘭は根や葉が太く分厚い分、水分を多く含んでいます。
これが寒さによって細胞壁などを破壊してしまうようですね。

胡蝶蘭の苗には実生苗とメリクロン苗と呼ばれるものがあり、初心者には育てるのが難しいんですよね。

私も胡蝶蘭を祖母と育てる際に直射日光の当たる場所で育てて枯れてしまった覚えがあります。
当時は子供だったので、太陽の光が当たる方いいと思っていたのですが、もともと胡蝶蘭の生えてる場所は日の当たりにくい場所や、
日の光が弱いところが多いので直射日光はだめみたいです。

難しいのですが育てがいのある花だと思います。
でもほとんどの人が贈り物の胡蝶蘭を育て方がわからないために捨ててしまうようです。
花好きの私からすればほんとに勿体ない!
だから贈り物で胡蝶蘭をもらった場合は
こちらもご参考に

ギフト胡蝶蘭.com

お祝い事に胡蝶蘭が選ばれるのはなぜ?

 

胡蝶蘭ってよく結婚式やホテルのフロント、その他出店祝いとかによく送られますよね。
以前私の勤めていた会社も視点をオープンした際に知り合いの方から胡蝶蘭が送られてきました。

私もどうしてお祝いと胡蝶蘭が関係あるのかなって思っていたんですが、どうも胡蝶蘭の花言葉が関係してるようです。

実は胡蝶蘭にはいろんな花言葉があってお金持ちになるとか、幸せを呼んでくるとかとにかく幸福系の花言葉が多いみたいですね。
だから胡蝶蘭はお祝いなんかにもよく贈られるみたいです。

まあ、胡蝶蘭って花の色はいろいろあるんですが、白が一番きれいで、ホントにキレイなホワイト色なんですよね。
清純とかそういう言葉が似合う花だと思います。

少し前に花屋さんとお話したんですが、胡蝶蘭って選挙の時とかすごい良く売れるみたいです。
というのも当選した際のお祝いや選挙中の選挙事務所に飾るとやはり候補者が映えるみたいです。

でもたくさん花に囲まれるっていいですよね。私もいつかたくさんそんな花々に囲まれてみたいなって思います。

ちなみに胡蝶蘭って二週間から三週間ほどで枯れてしまうんですよね。
ちょっと寂しいなって思うんですよね。

わたしの祖母の家の胡蝶蘭は観賞用なんですけど業務用とは違うので、もっと寿命は短いみたいです。
あと冬場は弱いみたいで、やはり枯れやすいみたいですね。

だから暖かいところにおいておく必要があるみたいです。
とはいえ、直射日光が当たる場所はだめとかホントに育てるのが難しい花なんですよね。

あれだけ値段が高いのもなんとなくわかりますけどね・・・。

蘭の種類の中でもトップクラスの美しさと存在感

蘭の種類はいくつかあれど 贈り物として最適な花が胡蝶蘭です。
私もよくテレビでインタビューを受けてる芸能人とかが映ってる映像みると結構胡蝶蘭が映ってたりします。

それだけ花として気品があって綺麗な花ということですね。
薔薇なんかもそういう美しさ気品さはあるようですが、胡蝶蘭という花はまた違った意味合いで美しいと感じることができます。

わたしの場合祖母た花が非常に好きだったので私も花が好きなんですが中でもこの胡蝶蘭は育てるのが難しく、大好きな花だと感じています。

最初は他の植物と違ってちょっと根っこや茎が気持ち悪い印象があったのですが、そう思っていたのは花が咲くまで。

花が咲いてからは180度印象が変わりました。

祖母の場合丁寧に花を育てていたので私の中で大好きな花の一つになりました。

胡蝶蘭や蘭の種類って育てるのが
難しから、そのぶん花が咲いた際にとても印象が違ってくるんですよね。

まあ花が散ってしまうとちょっとさみしい印象はあるのですが、それでも葉も太くて観葉植物としても今では重宝しています。

また、胡蝶蘭は高級感もある花として人気です。
私も祖母の家にたくさんあったのでそんなに高いとは思わなかったんですが、胡蝶蘭って花屋さんとかで数万円以上するのでびっくりしました。
でも育てる面倒さとか考えるとその価格も納得しますけどね。

いつも祖母の家には温室があったのでいついっても胡蝶蘭がとてもきれいでした。
私もいつか温室を作って育ててみたいなと考えています。

 

胡蝶蘭の花で一番好きなのは?

胡蝶蘭もいろんな種類があります。
わたしが好きなのはミディ胡蝶蘭と呼ばれるタイプです。
白もいいのですが、部屋のインテリアなどと合わせる方がいいですね。
ちなみに白の胡蝶蘭はどこでも似合うので喜ばれます。

たしかに黄色や紫の花もあるのですが、迷うなら白が一番いいと思いますよ。
また縁起がいいとされるのはリップと呼ばれるタイプです。
リップは中央が赤くて周りが白いので紅白の胡蝶蘭として縁起がよく喜ばれます。
特に高齢者の長寿祝いなんかに贈られるみたいです。
わたしの知り合いの還暦のお祝いに胡蝶蘭のリップを送ったことがありますがとても喜ばれましたね。
でも難しいときはやっぱり白が一番ベターで良いと思いますよ。

このブログで胡蝶蘭や花を大事にする人が増えてくれればいいなと思います。
貰った際は大事にしてもらいたいですね。
花も愛情をかければどんどんきれいに花を咲かせて育てる側をよろこばせてくれます。